SEO対策コラム 業種別SEO対策

美容院(美容室)SEO対策|大阪で生き残るヘアサロン集客の極意

更新日:

美容院/美容室/ヘアサロンSEO対策の極意とは?
美容院(美容室)のSEO対策、つまり検索エンジンで上位表示を目指すことは非常に難しいと言われています。

その理由の一つはとにかくライバルが多いということ。ホットペッパービューティーに掲載されている大阪府の美容室・ヘアサロンの数は4149件あります。

ホットペッパービューティーに掲載中の大阪の美容院(美容室)・ヘアサロンの数

ちなみに、大阪市内だけでも1900件を超えており、特に大阪市中央区の422件、大阪市北区の389件、ついで東大阪市や豊中市などの登録店舗数が多くなっています。もちろん大阪府下の全ての美容院が登録されているわけではないので、本来の数はもっとたくさんあるでしょう。

これだけのライバル店舗があるうえに、検索の上位はホットペッパービューティがほぼ独占状態。そんな現状で自分のサロンを検索上位に表示させるのは至難の業です。

とはいえ、一度上位表示できてしまえば、広告費をかけずに集客ができてしまうのがSEO集客の醍醐味(だいごみ)でもあります。

この記事では、このような厳しい状況の中でもライバルたちに勝つことができるSEOに強いホームページの作り方と考え方についてお伝えしたいと思います。

無料レポートへのボタン

美容院(美容室)のSEO対策で大切なのはキーワード

美容院SEO成功のカギはキーワード

大阪などの激戦区で美容院(美容室)のSEO対策を行う場合に大切なことは「キーワード」の選定です。

これは美容院だけではなくどんな業種にも共通して言えることですが、GoogleやYahoo!などのSEO対策で成功できるかどうかのカギは、このキーワードが握っています。

広すぎるキーワードを選ぶと失敗する

例えばですが、あなたが大阪で女性専用のヘアサロンを経営していたとしましょう。当然お客さんは女性の方だけです。にもかからず、例えば

美容院 大阪

というキーワードで対策をしてしまうとどうでしょうか?もちろんこのキーワードで上位表示できれば多くのお客さんに来てもらうことはできるでしょう。ただ、このキーワードでSEO対策をしているライバル美容院は数多く存在します。もちろん上位はホットペッパービューティです。

しかもこのキーワードに性別の指定はありませんから、もしかすると男性客からの無駄な問い合わせが増える可能性もあります。

このように意味が広すぎるキーワードで対策しようとすると、

  • ライバルが多くてSEO対策の難易度が高くなる。
  • ターゲットではないお客さんが増える可能性がある

など、マイナスになってしまうことがしばしばあります。

ウェブ集客のことを真剣に考えたことなどないという美容室経営者ほど、このような非常に非効率な検索キーワードでSEO対策をしようとしてしまいがちです。

ですから、まず考えるべきは「どのようなキーワードでSEO対策をすすめていくのか?」ということです。

美容院集客におすすめのキーワードとは?

美容院SEO対策でおすすめのキーワード

では美容院(美容室)がSEO対策をするうえでおすすめのキーワードとはどんなものがあるのでしょうか?

美容院(美容室、ヘアサロン)+地域名

日本全国からお客さんに来てもらえるカリスマ美容師の美容院でもない限りは、集客ターゲットは「地元客」になると思います。この地元、という括りをどこまで広げるのかも考える余地はありますが、例えば、

  • 美容院 大阪市
  • 美容室 心斎橋
  • ヘアサロン なんば

など、美容院の住所がある市や町の名前、また場合に読手は隣町や隣の市や県の名前などをセットにしたキーワードが一つの候補です。

ただほとんどの美容院はこういう地域名キーワードを狙っていると思いますので、地域によっては非常に激戦です。ですから、このキーワードで上げることは最終目標としつつ、もう少しライバルの少ないキーワードも狙ておく必要がありますね。

なお、このように地域キーワードでの上位表示を目指すことをローカルSEOとも言います。

 

美容院(美容室、ヘアサロン)+駅、バス停、建物名

地域名をより具体化したのが、美容院のあとに最寄駅や近くのバス停、また店舗が入っているビルや目印とされやすい建物などを合わせたキーワードです。こちらの方がより狭い範囲がターゲットになりまですので、ライバルの数もグッと減ることにつながります。例えば、

  • 美容院 豊中駅
  • 美容室 堀川小学校前
  • ヘアサロン あべのハルカス

などです。ただこれでもその周辺にライバル店が多ければ難易度は高まります。

 

美容院(美容室、ヘアサロン)+特徴

自分の美容院の特徴や売りをキーワードの中に組み込むと、他と差別化しやすいキーワードになります。例えば

  • 美容院 子連れOK
  • 美容室 夜遅くまで営業
  • ヘアサロン 個室 シャンプーなし

など、考えれば無限に出てきますね。これに先ほどの地域名を絡めれば、特定の地域で特徴ある美容院を探している人に刺さりやすくなりますのでオススメです。

 

キーワードを決める前にやるべきこと

ターゲットを決める&USP

ターゲットを絞り込む

先ほど美容院のSEO対策ではキーワードが重要という話をしてきましたが、そのキーワードを決める上で重要になるのが、顧客となるターゲットの絞込です。できる限りたくさんのお客さんに来て欲しいからターゲットなんか定めずに、どんな人でも受け入れる体制にしておいきたい・・・という気持ちもわかります。

ただ、「どんな人でも」というのは、幅広くアプローチできるように思えて、結果的に誰にも響かない可能性もあるわけです。お客さんは「どんな美容院でもいい」と思って探しているのではありません。必ず頭の中に、「こんな美容室がいいな・・・」と自分なりのイメージを持って探しているはずです。

そのイメージに近い美容院が見つかれば、お客さんは「ここにしよう!」と決めてくれるわけです。

 

つまりお客さんに選んでもらう美容院であるためには、その人に合わせた訴求ポイントが大切になります

  • サラリーマン ⇒ 残業後の夜8時以降もやっている美容院を探している
  • 主婦 ⇒ 買い物帰りに寄れるスーパーの近くにある美容室を探している
  • 学生 ⇒ バイトが休みの月曜にやってて、しかも安いヘアサロンところを探している

など、どんな人が、どんなところを探しているのか?このあたりをしっかりと考えてみる必要がありますね。

あなたの美容院のUSPは?

ターゲットを絞り込むときに、同時に考えないといけないのが、自分の美容室の特徴です。こういう「うちにしかない特徴や独自のサービス」のことをUSP(ユーエスピー)と呼びます。このUSPにピッタリ合ったお客さんにアプローチできれば、末永く顧客になってくれる確率も高まります。

しかしながら、USPをしっかりと押し出せている店舗が少ないのも事実です。お客さんからすればどこも同じように見えるし、だったら料金が安いところにするか・・・という発想になることも多いでしょう。ですから一度じっくりと時間をとって、自分と自分の美容室のUSPを考えてみることをおすすめします。

自分一人で決めることが難しいなら、いつも通ってくれているお客さんの声を聞いてみるものいいですね。「なぜうちを選んでくれたのか?」これをさりげなく聞いてみるだけでも、USPのヒントを得られることがあります。

集客できるホームページのコンテンツ

ホームページのコンテンツを決める

ターゲットを決めたら、そのターゲットが見に来たいと思えるコンテンツをホームページに掲載していきます。例えば固定ページは、

・コンセプト

・メニュー/料金表

・スタッフ紹介

・スタイル例

・アクセスマップ

などがあるといいでしょう。これらのうちいくつかは1ページにまとめても構いません。またこういった固定ページで補えない最新のキャンペーン情報や日々のカット・パーマの記録、お客さんとのやり取りなどはブログページに掲載するのがおすすめです

ブログ更新をするときによくやる失敗は「自分(スタッフ)のこと」を適当に書き綴ってしまうこと。いわゆる個人的な日記記事です。

もちろんそれもブランディングになったり、初めての人が知りたいと思う情報に当てはまるケースもありますが、検索から来るお客さんが「検索してまでそれを知りたいと思うか?」を考えて掲載するかどうかをを判断してください。

美容院のSEOに欠かせないMEO

MEO対策

美容院のSEO対策に欠かせないのがMEO(マップエンジン最適化)です。これは近くのお客さんが美容院を探そうと検索したおきに、Googleマップに自分の美容院が表示されるように対策することを言います。

地域に根差した美容院のSEO対策は、必ずこのMEOとセットで行う必要があります。MEOをはじめるためにはまずGoogleマイビジネスに登録する必要があります。そしてその登録情報をGoogle独自のアルゴリズムで解析し、「関連性」「距離」「知名度」などの指標をもとに表示順位を決定しています。

ですから、Googleマップ上で上位表示させたいキーワードがある場合、上記の3つをそれぞれ高めていく必要があるということになります。

関連性

検索された語句とGoogleマイビジネスに登録している情報の一致度合いを指します。

距離

検索語句で指定された位置から、マイビジネスに登録されてるビジネスまでの距離が近い方が上位表示しやすくなります。

知名度

どれだけ有名、つまり多くの人に知られている、使われているサービスであるかということです。

これらを意識的に高めていくことで、Googleマップ上で上位表示されやすくなります。

 

大阪の美容院SEO対策まとめ

以上が、勝てる大阪の美容院んを目指すSEO対策で大切なポイントでした。

まずはしっかりとターゲットやキーワードを決めること。そしてそのキーワードに合わせたコンテンツを作ること。またGoogleマップで上位表示されるようにMEO対策も意識する、という話でした。

もし1つでもこれまでやれてなかったなと思うことがあれば、このあとすぐに実践してみてください。

-SEO対策コラム, 業種別SEO対策

Copyright© SEO対策は大阪市の株式会社Higherfield(ハイヤーフィールド) , 2019 All Rights Reserved.