SEO対策コラム

初心者OK!無料でできるSEO対策5つのポイント

更新日:

無料で出来るSEO対策で大切な5つのポイントS
個人・法人問わず、自分または自社のホームページを検索で上位表示させるためのSEO対策を無料で行いたいと思う人は多いはずです。

それは、リスティング広告などとは異なり、基本的に全て無料で行えるのがSEOの特徴でもあるからですね。

ただ、いざSEO対策をやろうとしても「じゃあ、SEOって何から始めればいいの?」「SEO対策ってどうすればいいの?」とそのやり方についてよくわからないということもあるでしょう。

そこでこの記事では、初心者でも自分で出来る無料のSEO対策を5つのポイントにまとめて紹介します。また最後には無料のSEOツールも紹介しています。

無料レポートへのボタン

無料で出来るSEO対策の5つのポイント

SEO対策はそのほとんどが無料でできます。ただし無料でできるから手軽で、簡単と勘違いしている人が多いのも事実です。

ネットに溢れているような中途半端な知識で対策を行うと、場合のよっては逆効果になってしまうこともあります。今回は、そんなSEO対策の中でも、特に意識をしてほしい5つのポイントについて解説をしたいと思います。

その5つのポイントというのがこちらです。

  1. 質の高いコンテンツを意識する
  2. 検索意図を満たす記事にする
  3. 記事のタイトルにキーワードを入れる
  4. 記事の更新を継続する
  5. 内部および外部リンク対策を行う

ではここからは、それぞれのポイントについて解説していきたいと思います。

SEO対策ではコンテンツが大事!

SEO対策ではコンテンツが大事

無料で出来るSEO対策でまず大切なのはサイト内の記事コンテンツです。
SEO対策の基本とコツを初心者にもわかりやすく解説!の中でも触れていますが、SEOに大切なのは、

  • コンテンツ
  • リンク
  • ランクブレイン

の3つであると言われています。この中でも一番意識しなければならないのはまず「コンテンツ」です。コンテンツとサイトの内の記事のこと。記事ではなくても、例えばTOPページに含まれる文字テキストもコンテンツと呼びます。

このコンテンツが、そもそも狙ったキーワードについて書かれたコンテンツでなければ上位表示は難しいです。

Googleにはランクブレインという人工知能が搭載されており、その人工知能に発達によって「書いてない」ことでも文脈から判断できるようになってはきています。

ただそもそも重要なことが抜けて落ちているような記事では、正当に評価されることもありません。

ですからまずはコンテンツを充実させることを意識してください。こちらは無料で出来るSEOの重要なポイントです。

数年前まではとにかたくさんのリンクを集めるSEO対策も流行っていましたが、今はそのような時代ではなくなっています。(※リンクについては後述します。)

 

コンテンツの質を意識して上位表示を目指す

コンテンツの質を意識して上位表示を目指す

無料で出来るSEO対策で重要なのはコンテンツであるという話をしましたが、その記事コンテンツで最も意識すべきは「質」です。文字数、つまりコンテンツの量ももちろん大事なのですが、質を伴っていないコンテンツをいくら増やしても検索で上位表示させることができません。むしろ低品質なコンテンツはサイト全体の足を引っ張ることにもつながります。

低品質なコンテンツはペナルティの対象になる

Googleは以下に挙げるようなコンテンツを価値のない質の低いコンテンツだと認識しています。

・自動生成されたコンテンツ、
・内容の薄いアフィリエイト ページ
・他のソースからのコンテンツ(例: 無断複製されたコンテンツ、低品質のゲストブログ記事)
・誘導ページ引用:Search Console ヘルプ([手動による対策] レポート)

こういったコンテンツを作ってしまうと、場合によっては手動ペナルティの対象ともなり、サイトや記事が検索結果から削除されてしまうこともあります。

数年前、低品質なサイトや記事が一斉にペナルティを受けた時期がありましたが、その時は自動記事生成ツールを使った記事屋、安い外注ライターを使った記事などが多く摘発されました。

 

質の良いコンテンツとは?|コンテンツを最適化する方法

では反対に質の良いコンテンツとはどんなものなのでしょうか?これについてGoogleは「人を引き付ける有益なコンテンツ」と述べています。そしてそれを実現するためのコンテンツの書き方として、

・読みやすいテキストを記述する
・トピックを明快に整理する
・新鮮な独自のコンテンツを作成する
・検索ではなくユーザーに合わせてコンテンツを最適化する

引用:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

と例を挙げて解説しています。詳しくは引用元の「検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド」を一読してみてください。これはGoogle公式の無料で読めるSEOマニュアルです。

なお上記スターターガイドにある「検索ではなくユーザーに合わせてコンテンツを最適化する」為に必要なのが「検索意図」というものの理解です。

 

検索意図を満たす記事を意識する

検索意図を満たす記事を意識する

無料で出来るSEO対策で重要なのはコンテンツの質。そしてその質を左右するのは『検索意図』の理解です。

検索意図とは、そのキーワードで検索する人の頭の中にある考えのことです。例えば、

「○○ 通販」

と検索をする人の検索意図は「○○を通販で買いたい」だということはわかりますよね。
じゃあ、そのような検索意図に対しては、どのようなコンテンツを用意してあげればよいのか?

ここでよくあるNGケースは○○という商品の特徴について事細かく記事にしてしまうということです。

「○○ 通販」と検索している時点で、もうそれをある程度買う気になっているわけですから、検索者は事前にその商品のことを調べている可能性が高いでしょう。

それにもかかわらず、また訪れたサイトでだらだらと商品説明をされたらうっとおしいですよね?検索ユーザーが知りたいのは、○○を通販で買う方法だったり、ネット上で一番お得に買えるお店の情報なはずです。

記事を書く前には必ずこの検索意図を考え、そして検索ユーザーが何を求めているのかを理解しておくことが必要です。そしてその検索意図を満たすコンテンツにすることが質の高いコンテンツへと繋がります。

無料でできるSEOですが、決して簡単、楽にできるというわけではなく、こうやってしっかり頭を使っていくことも大事です。

 

記事のタイトルにキーワードを入れる

無料で出来るSEO対策で最も簡単の方法がこれですね。

検索意図を意識して書くことが決まったら、狙うキーワードを記事のタイトルに入れて記事コンテンツを書き上げていきます。そしてこのキーワードをタイトルに必ず入れるということは絶対に忘れないでください。

なおその際に2つポイントがありますので、ここでご紹介しておきます。

キーワードはタイトルの左(前方)に入れる

キーワードをタイトルに入れる場合には、なるべくタイトルの左側(先頭)に入れるようにするのがSEOのコツです。

こうすることで狙っているキーワードが検索エンジンにも、また記事を探している読者にも伝わりやすくなります。

なおどうしても日本語として不自然になってしまう場合は、そこまでこだわらなくても構いません。できる限りそうした方がよいというレベルです。

 

狙うキーワードを複数回タイトルに入れない

記事タイトルにキーワードを入れるとき注意すべきなのは、狙うキーワードを何度もタイトルに入れないということです。原則1回でOKです。

2回、3回と入れ過ぎることでペナルティを受けることもありますので、数は守ってください。

なお、タイトルは全体で30文字前後になるのが理想です。狙うキーワード以外の関連語も入れながら、記事の内容が的確に伝わるタイトルにしてください。

ポイント

SEOのためのキーワード探しには無料のキーワードツールを活用するのがおすすめです。よく使われるのは関連キーワード取得ツールなどです。

 

質の高い記事を更新し続ける

質の高い記事を更新し続ける

無料で出来るSEO対策では記事の質が大事だとお話ししましたが、いくら質の良いコンテンツを書けたとしても、途中で更新が止まってしまうことで、Googleからの評価も下がってしまいます。

ですから、一度上位表示できたから大丈夫とは思わず、常に最新のコンテンツを追加していくことが大切になります。記事の追加は時間さえ作れれば無料で誰でもできることです。

これこそが無料でできるSEO対策の核となる部分ですから、さぼらず更新を続けてくださいね。

SEOに失敗するケース

さきほど、SEOで大事なことは記事を更新し続けることだと書きました。しかしながら、ただ単に「更新することだけ」を意識していても失敗してしまうケースがあります。

例えばですが、いくら質が高い記事であっても、サイトのコンセプトに合わないような関係のない記事ばかりを増やしても意味がありません

一例を挙げるなら、企業サイトなどでよくある「店長日記」です。

店長の日常や趣味などを書き綴ったページをサイト内に置いていることが多いですが、それがマイナス効果になることもよくあります。

うまく使えばプラスになることもありますが、いろいろなサイトを見てきた中で、本当に上手に活用できているサイトは数えるほどしかありません。

他にも、更新することだけに重きをおくことで質の低下やテーマのズレを起こしてしまっているケースも結構ありますので、注意が必要です。

更新を続けるために

SEOに強いWebサイトを育てるために重要な更新作業。ただ時間が経つにつれ、「何を書いたらいいんだろう?」と悩み始めることも多いです。

それを避けるためには、しっかりとしたキーワード選定が必要になります。

なおこのキーワード選定は、ホームページを作成したタイミングである程度決めておくことが大事です。そうではなく、適当に記事を増やして行くことで、どんどんまとまりのないサイトになってしまいます。

検索で上位表示を目指すためにはキーワード選びにもコツが必要です。詳しくはSEO対策で重要なキーワードと検索クエリについてに書いていますが、ただ何となくでキーワード選びをしてしまうのは危険です。

最初の段階できちんとキーワード選定ができていると、それについて書き進めればよいだけなので、記事にする内容について迷う必要はなくなります。キーワードのストックがなくなったら、すでに記事にしたキーワードの関連語を先ほど紹介した無料ツールなどを用いて再び探せばいいだけです。(探し方にちょっとしたコツはありますが。)

とにかく、継続的な更新のためには、キーワードの決定が大事であるということは覚えておいてください。

 

無料で出来るリンク対策

無料で出来るリンク対策

無料で出来るSEO対策の中にはリンク対策というものもあります。リンクには「内部リンク」と「外部リンク」がありますが、どちらもSEOにおいては非常に重要な役目を果たします。

すなわち、他のサイトからのリンクというのは、現在のSEOにおいても非常に有効です。

内部リンク対策

内部リンクはサイト内の記事と記事をつなぐ役目をします。基本的には多くの人に読んで欲しい記事に対して多くの内部リンクが向くような設定をするのがおすすめです。

ただし、だからといって全てのページから一つのページに内部リンクが集中しているような状態は不自然です。記事どうしの関連性を加味したうえで、必要なときに、必要な内部リンクが貼られているという状態を目指しましょう。

 

外部リンク対策

外部リンクとは、自サイト外のサイトからリンクをもらうことです。SEOにおいては非常に大きな効果を発揮しますが、ただ扱い方によってはペナルティになることもあるので要注意です。

弊社がSEOコンサルティングを請け負っているお客様の中にも、過去に大手のSEO業者に薦められて外部リンクを依頼したところ、サイトがペナルティを受けてしまったという会社があります。

ではペナルティを受けないための外部リンク対策はどうすればいいのか?いくつか方法はありますが、まずは「ユーザーにとって価値あるコンテンツ」を提供し続けることです。

それによりユーザーから評価を得られば自然とリンク(ナチュラルリンク)が増えてきます。それによって無料でリンクが貼ってもらえ、SEOにも効果を発揮します。このような状態を目指してホームページを運営されるのが最も健全です。

他にも外部リンクを得る方法はいくつか存在しますが、具体的な方法については一度お問合せいただければと思います。

無料で使えるおすすめSEOツール

最後にSEOに役立てることができる無料のツールを紹介しておきます。SEOのツールに関しては、ホームページ診断ツール10選!無料ツールでWebサイトのSEO診断をやってみよう!という記事で7つ紹介しています。(プラス3つの有料ツールも)

この中でも特に「SEOチェキ!」と「Google Search Console」の2つは特に重要です。

SEOチェキ!

seoチェキ
SEOチェキ!の方は基本的なSEO上の設定でどこか間違いがないかを確認することができます。例えばタイトルタグやディスクリプション(サイト説明文)などです。

ディスクリプションは直接的なSEO効果がある部分ではありませんが、検索者が検索結果画面で自サイトを発見した時に、興味をもって訪れてくれるかどうかが決まる重要なポイントになります。

Google Search Console

Google Search Console

Google Search ConsoleはGoogleが公式に使用を推奨しているで無料のSEOツールです。ホームページ内のSEOにかかわる様々な指標を確認することができます。特に検索クエリやそのクエリの平均順位の推移などはseoが成功しているかどうかを測る重要な指標となりますので、ぜひこちらも登録をしておいてください。

なおGoogle Search Consoleの登録方法は【2019年最新版】新しいGoogle Search Consoleの登録と設定方法を解説!を参考にしてください。

 

無料で出来るSEO対策のまとめ

ここまで無料で出来るSEO対策について解説をしてきました。今回ご紹介した内容以外にもできることはたくさんあります。

ただ基本はやはり良質なコンテンツをしっかり増やして行くことです。他に様々な施策を行ったとしても、その土台がしっかりできていなければ検索エンジンに評価されることはありません。

今回お伝えした内容についてより深く聞いてみたいとか、もと具体的な対策について知りたいというご要望がございましたら、お気軽にお問合せください。特に大阪のSEO対策ならお力になれると思いますので、ぜひご相談ください。

 

 

-SEO対策コラム

Copyright© SEO対策は大阪市の株式会社Higherfield(ハイヤーフィールド) , 2019 All Rights Reserved.