Close

2022年7月31日

自動下書き

Googleで店舗や場所を検索すると、検索結果の上部にGoogleマップとそのマップ内に掲載されている店舗や場所の情報が表示されることがあります。

今回はそんなMEOについて具体的な方法を解説していきたいと思います。

例えば東京の渋谷でラーメン屋を検索したときには、渋谷付近にあるラーメン屋が地図とともに表示され、北海道の札幌でラーメン屋を検索したときには、札幌付近のラーメン屋が検索結果に表示されます。

表示されるGoogleマップは検索者の現在地や、検索された地域に合ったものが表示されます。

このように、ローカル検索におけるGoogleマップ上で上位表示を目指す対策のことをMEO対策(Map Engine Optimization)と呼びます。

業種によってはInstagramやTwitterなどSNSからの集客の方が適していることもありますが、それでもやはり実店舗や営業所を持つショップや会社は、Googleマップでの上位表示を意識しておいたほうがいいでしょう。

ローカル検索のGoogle マップ上で上位表示されると、サービスを探しているユーザーの来客率がグンと高くなります。今では集客のほとんどを、このローカル検索のマップ集客で賄っているという店舗もあるほどです。

このように検索された地域や場所に合わせて、最適な検索結果を表示するGoogle検索の仕組みを「ローカル検索」と言います。

ローカル検索結果の順位(ランキング)が決まる仕組み

まずはGoogleがどのようにしてGoogleマップ上の順位を決めているのか、その仕組みについて触れておきます。

Googleマップを含むローカル検索結果では、関連性、距離、知名度などの要素を組み合わせたGoogle のアルゴリズムに基づいて順位を決定しています。

関連性

距離とは、検索語句に含まれる場所から、ビジネスプロフィールに書かれたビジネスの所在地までの距離です。直接的な場所が検索語句に含まれない場合でも、ユーザーの現在地情報から距離が計算され近くのビジネスが表示されます。

距離

距離とは、検索語句に含まれる場所から、ビジネスプロフィールに書かれたビジネスの所在地までの距離です。直接的な場所が検索語句に含まれない場合でも、ユーザーの現在地情報から距離が計算され近くのビジネスが表示されます。

視認性の高さ

視認性とは言い換えると「認知度」です。認知度の高いビジネスは、そうではないビジネスよりも優先して表示されます。視認性では、Googleマップではなく、通常のウェブ検索における順位も加味されます。上位表示=認知性が高いという判断です。

Googleは上記のような判断基準で、ローカル検索結果に表示する順位を決定しています。

店舗を持っている場合、上記3つの基準のうち「距離」については、ほぼどうしようもありません。ですので意識的にコントロールしていくべきは「関連性」と「視認性」の2つになります。

ここからはこの2つ、「関連性」と「視認性」を最適化していく方法について解説していきたいと思います。

ローカル検索結果における「関連性」の改善

関連性を高めるためには、Googleビジネスプロフィール内の情報を充実させる必要があります。ここではGoogleビジネスプロフィールマネージャにログインできている前提で話を進めていきます。

1.ビジネス名/住所/電話番号